ホーム富山大学出版会 刊行物 > こころを育む幼児教育~夢中になって遊ぶ姿を求めて~

こころを育む幼児教育~夢中になって遊ぶ姿を求めて~
2008年10月 1日 発売

 

富山大学附属幼稚園が5年間にわたり行った研究から、「夢中になって遊ぶ幼児の姿」や、「子供が関係性を育んでいく」過程を集大成した1冊!
幼児教育のために、本当に大切なこと、目指すべきことは何か?
幼児期は人格形成の基盤となる時期。この時期の「こころ」の教育の重要性はますます強まるばかりだ。
子供の主体性を育む環境づくりとは?遊びと学びをふまえた人間関係を分析し、保育者のあるべき関わり方をさぐる。
理論編と実践編で構成、新幼稚園教育要領にも対応!時代の要請を踏まえた実践と理論を展開する、幼児教育関係者必読の書!

第Ⅰ章 幼児教育の中で育つもの・育てるもの
第Ⅱ章 こころを育む環境の構成
第Ⅲ章 こころを見つめる保育者のかかわり
第Ⅳ章 こころの育ちと人間関係の発達
第Ⅴ章 カリキュラムと新しい保育活動の展開
第Ⅵ章 をさなごをすこやかにはぐくむ~かかわりの中での育ちに向けて~
付章  附属幼稚園を支えてくださる方々

弊社で購入する

126頁 | 富山大学人間発達科学部幼児教育研究会,富山大学人間発達科学部附属幼稚園・編著 /定価:2,000円(税抜)