ホームあおぎり文庫(ライト文芸) > 近松心中 加工訳

近松心中 加工訳 |
2009年12月15日 発売

古典への新しい架け橋 「さらさら読む古典」シリーズ第1弾!

原作の味わいを残す加工訳で読む
近松世話物、不朽の三作品です。

「加工訳」とは、原文の表現を残し、
(注)にあたることを訳文の中に
組み込んだりするなどして、原作を
読みやすいように加工したものです。
従来は「現代語訳」、あるいは「原文+注」でしか
読めなかった古典が、だれでも「さらさらと」読めます。

すぐれた古典文学を存分に味わえる
画期的なシリーズです。

[目次]
曾根崎心中 加工訳
心中天の網島 加工訳
冥途の飛脚 加工訳
「加工訳」と作品の解説

[担当編集から一言]
あおぎり文庫は、現代文学、古典文学、
エッセイ、文芸評論などをラインナップ
していくシリーズです。
ブックデザインは、「鈴木成一デザイン室」。
イラストは新進気鋭の「あずみ虫」さん。
読んで楽しみ、さらに見事なカバーデザイン、
さらには本文イラストで、存分に楽しむことができます。

弊社で購入する

176頁 | 大伴茫人・加工訳 | 近松門左衛門・原作 /定価:1,500円(税抜)