ホームカルチャー > リベラルライフ

リベラルライフ
2010年9月21日 発売

男前の美女・杉本彩、初の自叙伝!  その波乱万丈の半生と、知られざる素顔とは!?

 

自殺未遂、家族崩壊、芸能界デビュー、

離婚、独立、肉親との確執、起業。
嵐のような半生を経て、

「自由への階段」を一歩ずつ登りはじめた一人の女性。

「ずっと孤独だった」という彼女が、

リベラルライフを手にするまでの長い道を

真摯に書きつくした感動作です。

 

[目次]

第一章 家族、抑圧と呪縛と

第二章 男と女、自由に真摯に

第三章 仕事、このかけがえのないもの

第四章 女優、「体当たり」せずにはいられない

第五章 四十歳、これから始まる人生

第六章 孤独、だから私は強くなれた

 

[著者のことば]

私が最も好きなことばが「リベラル」。

世の中の常識や因習にとらわれずに「自由」を大切にして生きること。

これまで私は、さまざまな抑圧に苦しんできた。

家族との葛藤、思い通りにいかない仕事、

破綻した結婚生活に対する負い目……。

周囲からは自由奔放に生きているように見えていたようだが、

じつは、そうではなかった。

 

私は自由に生きたい。

世の中の物差しや制度など

一つも意に介さず、

己の魂の叫びのままに生きたい。

 

[担当編集から一言]

聡明で、論理的で、潔くて、

ビジュアルが美しくて、

タフで、リベラルで、インディで。

そんな女性は、そうそういるものではありません。

同世代の女性ファンが多いのもうなずけます。

彩さんは、女優でいるときの顔と、

経営者でいるときの顔とがまったく違います。

そのスイッチの切り替えの見事さに、

「仕事人魂」を感じます。

弊社で購入する

四六判・上製 | 本文224頁+カラー口絵16頁 | 杉本 彩 /定価:1,500円(税抜)